wah_kausaustralis

wahのオランダロッテルダムでの海外活動ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

日本人に遭遇

ロッテルダムに来て、2日目。

旅行気分でテンションが上がっている僕たちは、ご飯を食べる為に、近くの街を散策することにした。

自転車大国だけあって、オランダの道路には自転車専用(原付も含む)の道があり、とても走りやすい。

雪景色の中、自転車を走らせるのは思いのほか気持ち良く、移動の疲れを癒してくれる。

ただ、その借りた自転車がオランダサイズで日本人の身体には全く合わず、

信号に止まる度、自分の足がいかに短いかを思い知らされる。

kenzim.jpg mass.jpg city.jpg DSCF0044.jpg


そんな思いを繰り返しながら、街を進んでいくと

日本人らしき人カップルが「何かお探しですか?」と声をかけてくれた。

来る前に買った旅本では、オランダ人こそが不安気な人をみて、「大丈夫ですか?」と

親切に聞いてくれると書いてあったが、まさか日本人が声をかけてくれるとは。なんて良い人たちだ。

レストランの場所を聞いて、ついで、というわけではないが、何をしている人かを聞いてみた。

「日本人学校の先生です」という答えにさらにテンションが上がった僕たちは、

可能性として、小学校でワークショップをできるか聞いてみた。

そしたら、間髪入れず「できると思いますよ」という答えに騒ぎまくってしまった。

そのノリのまま記念を撮りました。それがこれです。

CIMG0117_convert_20100121071633.jpg

大塚夫妻ありがとう!


教えてもらったバーガーショップに行き、腹が満足したら、

はて?ロッテルダムまできて日本人とやって意味があるのだろうか。

もとは、コミュニケーションが取れないことを前提でどこまでやれるかがおもしろかったはず。

と考えながらいったトイレの小便器までもオランダサイズだった。


せっかく良い事があったのに、こんな事でオランダの高い壁にぶちあたるとは。

先行き不安だ。あぁーオランダ人とできるのだろうか。


wah document / Takeshi Yoshida
wah blog:http://fine.ap.teacup.com/wah-blog/
スポンサーサイト
  1. 2010/01/10(日) 07:33:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。