wah_kausaustralis

wahのオランダロッテルダムでの海外活動ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

wah40 「Human on the lake/湖の上の人」

授業が決まった日、勢いをそのままにパッと思いついたアイデアを実行しました。

wah40 「Human on the lake/湖の上の人」
DSCF1097_1.jpg CIMG0282.jpg



DSCF0750.jpg DSCF0720.jpg


「もののけ姫」のししがみならぬ、ますがみ。現れました。
湖の上を歩いています。

wah document / Takeshi Yoshida

  1. 2010/01/27(水) 23:50:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

湖の上の人/Human on the lake 2

DSCF0658.jpg

このアイデア、実は(というか気付いてるだろうけど...。)湖に貼った薄い氷の上に立っています。

ただ、このアイデアめちゃめちゃ危険で、湖の真ん中の氷の厚さもわからないし、万が一割れることがあれば

死んでしまうんじゃないか...。と思いながらも湖の真ん中に立ちたい一心で色々試しました。

DSCF0661.jpg DSCF0662.jpg DSCF0677.jpg

[広告] VPS


そしたら、近くにいた子供たちが「What are you doing!?」と言って集まってきて、

今してることを説明したら、「死ぬよ!?」的なことを言われ、

えぇー。やっぱりか。でももうやってるし。しかも「死ぬよ」といった子も食らいついてみてるしで

やりきるしかなかった。

CIMG0269.jpg P1100357.jpg


幸いにも何事も起こらず、無事に陸に戻れたので、子供たちにもアイデアを書いてもらった。

DSCF0705.jpg DSCF0713.jpg DSCF0718.jpg


この後も良い写真をとる為に、岸と湖を往復していたら通りかかったおじさんが「これはアートだね?」と

話かけてきた。その時は何も思わず「そうだよ」と返答したのだけれど、よく考えたらちょっと不思議だった。


ある意味でいたずらにも見えるような行動に対して、「アート」という選択肢がこの人の中には既にあって、

いちいち説明しなくても伝わることが不思議だった。いや、不思議というより「伝わるんだ!?」という驚きの方が

正確かもしれない。おそらく、日本人のほとんどの人の中には、「アート」という選択肢がないと思う。

別に「アート」という選択肢があるから良いとは思わないけれど、

オランダ、ひいては欧米と日本の「アート」に対する考え方の違いがこんな小さな日常の中にすら

見え隠れするのかと思うと、両者に隔たる壁はとてつもなく大きな壁のような気がした。


wah document / Takeshi Yoshida

  1. 2010/01/27(水) 23:01:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

「ニホンジンデスカ?」

DSC_0001.jpg

期待と不安を抱きながら学校に到着した僕らを迎えてくれたのはその一言でした。

「ニホンジンデスカ?」

あまりにも唐突すぎて、最初何を言われたか理解できなかった。

まさか、日本語が話せる人がいるとも思ってなかったし、カタコトやったしで(にしてはうまいけど)

それを理解する脳が用意されてなかった。

何はともあれ、日本語が話せる人がいるというのはとても心強いのは確かだ。


その先生(Rikリック)に教室を案内してもらい、校長先生と中学3年生の担任、そしてRikの三人に

改めてプレゼンすることになった。Rikが居た事もあり、昨日プレゼンした時よりも具体的な事を

伝えることができた。そして、結果は......。


授業させてもらえることになりました!!!

来週の金曜日(2/5)、9:30から80分の授業です。中学三年生を2クラス、合計50人を対象とした授業です!

そして、当日Rikと担任の先生が授業をサポートしてくれるそうです。

すごい!まじですごい!オランダはすごい!

突然現れたカタコトの日本人に授業を任せられるなんて。

日本ではほんとにありえない。できたとしても、根回しみたいなことをしないと無理だ、と思う。

やはり、この国は寛容だ。

DSCF0655.jpg CIMG0267.jpg DSC_0004.jpg

wah document / Takeshi Yoshida
  1. 2010/01/27(水) 20:08:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

アイデア募集6回目!!!!!!!

DSCF0636.jpg

もう6回もやったのか。しかも街中で。さらに英語で。

6回もやればさすがに慣れてきて、みんな説明するのがうまくなってきてる。

最初は単語を調べながらやってたのが、アイデアの説明だけならもう辞書いらず。

地団駄を踏みながら”House,under the ground!” これでなんとかなるもんだ。



その慣れもあってか、今日は街ではなく、場所変えて学校前でアイデアを集めにいきました。

DSC_0183.jpg DSC_0186.jpg
DSC_0184.jpg DSCF0639.jpg

思っていたよりも盛り上がり、そのノリで学校で授業させてもらえるか交渉にいくことに。

いやーさすがに無理やろ。と心の中で思いながら、でもどっかで行けるかもみたいにも思いながら行ってみる。

DSCF0638.jpg
少し緊張してるミナケン。

小心者の僕にはこれ以上学校の写真はとれませんでした。

が、なんとアポなしにも関わらず、校長先生にプレゼンすることができた!

6回もアイデア募集した甲斐あって、ミナケンの流暢なカタコトの英語で雰囲気は良かった。

校長先生の答えは「考えてみるから明日の12時に来てくれ。」というものだった。

何かいけそうな気がする。日本ならまずアポなしの時点で門前払いされそうなものを

考えてくれるなんて...。

とりあえず明日までドキドキ、ワクワク、ソワソワ、ハラハラ、ガタガタ、クネクネ、みたいな感じです。

また明日。


wah document / Takeshi Yoshida
  1. 2010/01/26(火) 11:41:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アイデア募集5回目!!!!!

P1100323.jpg


今日はマーケットがやっている日なので、そこでアイデアを集める。
CIMG0260.jpg DSCF0573.jpg P1100327.jpg

天気も良くてマーケットもあるから人が多く、絶好のアイデア募集日和!

かと思いきや、MAXまで上がったテンションが一気にさめてしまいそうな寒さ。

日が出ている時間帯でこの寒さはまずい。短時間で出来るだけ多くのアイデアを集めないと...。

DSCF0577.jpg

今日の場所はいつものミュージアムパークより、断然人が通るからアイデアを次から次へと集めることができる。

DSCF0579.jpg DSCF0604.jpg DSCF0578.jpg


子供のアイデアを必死にプレゼンしてくれているおかあさん。
DSCF0587.jpg

昨日と今日で合わせて50枚くらい集まった。ここまできてようやく合計100枚を超えた。

良いアイデアあるかなぁ。いやいや、これだけやれば一つくらいあるだろ。どうだろう。

ちょっとしかみてないけど、まだ無さそうだ。でもなかったら、でるまで集めるだけだ。

また明日も集めます。


wah document / Takeshi Yoshida


  1. 2010/01/25(月) 21:41:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。